新しい情報
◇夫婦別姓について

タイ王国の旗 タイ
現在は選択制。1913年の個人姓名法により国民全員が名字(姓)を持つことが義務化された。同12条では妻は夫の姓を用いると定められていたが2003年にタイの憲法裁判所は「夫の姓を名乗るとする条項は違憲である」との判決[496]を出し、2005年に同12条が改正された。現行の同12条では夫婦の姓は合意によりいずれの姓を選ぶことができ、またそれぞれの旧姓を選ぶことも可能となった。(Weblio辞書より)また、両方の姓を合わせた結合姓や新しい姓を作ることもできる。もともと、事実婚、別姓が多い。